TOP

徒歩でも行きたいほどの風俗を見つけたときの体験談です。

大宮で限界を越えられた理由は彼女

その日大宮で限界突破出来たのは、ヘルスで相手をしてくれたCちゃんのおかげです。
それまで風俗に限らず、二発ってのが出来ないでいました。二発抜くのは自分自身、無理だなって思っていたんです。でもその日は二発はおろか三発。70分という時間を考えるとまさに限界突破ですが、それらはすべて彼女のおかげです。彼女のヘルス嬢としての高い実力がこちらの限界を越えさせてくれたんですよね。
彼女の何が良かったかって、とにかく素晴らしいフェラです。彼女のようなヘルス嬢こそ「テクニシャン」と呼ぶに相応しいのかもしれません。とにかく素晴らしかったです。激しく攻めるかと思えばまったりとピンポイントで快感の部分を刺激してきて、更には他にもいろいろな手法でこちらを気持ちよくしてきたりと彼女のテクニックはどれも素晴らしいものでした。それだけに、自分自身彼女の攻撃の数々にギブアップ寸前というか(笑)むしろ三回程ギブアップしたってことですが、どの発射もとても気持ち良かったです。

給料日くらい大宮でヘルスという気持ちはある

既婚者にとって風俗のハードルは高いのではないでしょうか。自分もそうです。浮気ではないですし、サービスを利用しているだけではあってもどこか利用しにくいもの。ただ、男としてたまには若い女の子と楽しみたいって気持ちがあるので、浮気ではなく風俗なんだと自分に言い聞かせる(笑)男からするときっとこういった気持ちだと思うんですけど、世の女性にとってはそうじゃないんでしょうね。
だからこそどうすべきかでいろいろと悩まされるもので普段は自重していますけど、給料日くらいは大宮でヘルスもいいんじゃないかなと思っています(笑)むしろその時くらい楽しませてもらっても良いだろうって思いでしょうか。せっかくいつも頑張っているんです。たまには自分へのご褒美として大宮で若い女の子と楽しむのも良いだろうってことでヘルスを楽しんでいますが、もちろん妻には内緒です。妻には内緒で楽しんでいるので罪悪感が無いとは言いませんが、ヘルスの時間くらい一人の男となって楽しむのは悪いことではないでしょう(笑)